忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 

“トレンドを制する者は投資を制する”


という話をしましたが、もっと重要な事に

“損きりを制する者は投資を制する”


と昨日も伝えていましたので、当然のことながら、
今日はそのお話です。


「やっぱりそう来たか!バレバレだよ!」


と思われた方は、おそらく毎日、私のメルマガを読んで
下さっていて、松下の行動パターン、言動パターンを
先読みするほどになられた方じゃないかと思います。

(いつも読んで下さって)ありがとうございます。



実は、昨日トレンドの話を先にしておいたのにも、
理由があるんです。


“トレンドのパワー”を知ってもらいたかったからです。



そしてそのトレンドのパワーがどこから来ているのか?
なぜトレンドが発生するのか?
という事に繋がってくるのが、今日のお話です。



上昇相場がゆっくりなのに対して、下落相場の動きが、
大きく早い事の理由についてもトレンドの性質を理解する
事で分かってきます。



上昇トレンド、下落トレンドなどは、そのほとんどが
相場参加者の“集団心理”によって発生しています。

おそらく9割以上のトレンドが集団心理のせいでしょう。




相場参加者が日々考えている事はなんでしょうか?


“儲けたい”

“損したくない”


この2つです。



集団心理が発生する理由を理解するために、
分かりやすくリアルに言うと、


“もっと”儲けたい

“これ以上”損したくない


です。



もっと儲けたい、もっと儲けたい
と思うから、上昇トレンドが続き、


これ以上損をしたくない、損をしたくない
と思うから、下落トレンドが続いてしまいます。



これが相場参加者の全員に共通してある心理であり、
トレンドが発生する理由です。



こんな事を言うと、経済アナリストと言われる人達から
そんな事はない、


「下落トレンドが起きる理由は、日銀が・・・
アメリカの経済が・・・・ブッシュ大統領が・・・・
・・だから円高に動くんだ!」


というような言い方をされるでしょう。



もちろんそれはアナリストの言う通りかもしれません。


でもたとえアナリストの方々の言うことが真実だとしても、
結局、その理由に相場参加者のほとんどが、


“●●の理由でドルを持っていると損をすると思うから”


下落していくんです。



実際のアメリカ経済が衰退していたとしても、
相場参加者の大多数が“ドルを買えば儲かると思っていれば”
ドル高に相場は動きます。



だから覚えておくべき大事な事は相場参加者の集団心理が、


“もっと”儲けたい

“これ以上”損したくない


と思うからトレンドが発生するという事です。



そして“儲けたい”という思いと“損をしたくない”
という思いのどちらが強いかも重要なんですが、


(これ以上)損をしたくない


という思いの方が圧倒的に強いんです。
これは人間心理です。


それが下落トレンドの方が“スピードが速い”理由です。


そしてそれこそが“損切り”を必ず入れておかないと
いけない理由でもあります。



相場参加者はみんな儲けたいと思って投資をしているので、
“時間”で言うと上昇している時間の方が長くなります。


だからメインの投資というのはやはり【買い】に集まります。
(FXの世界は通貨によっては表裏なのでその点は注意してください)


でもあるときから流れが下落に変わるんです。
そして集団心理の逆の流れに、自分がいつの間にか
乗ってしまうことがあるんです。


これはすべての投資家が避けられない道です。
どんなプロの投資家も避ける事ができません。


歴代のカリスマトレーダーの人たちでも、一度も
トレンドの逆にポジションを持った事のない人は
1人もいないでしょう。

私も当然避ける事はできません。



避けられないのであれば、避けようと思わずに、
受け入れればいいのです。受け入れた上で、
対策を練ればいいのです。


そして受け入れる行為こそが“損きり”なのです。


トレンドの逆に乗ってしまっていると思えば、
すばやく切らなければいけません。


すばやく切って、逆のトレンドに乗るか、
もしくは何もしないかです。



それが、投資で安定した利益を上げるための
セーフティネットであり、トレンドに乗るための、
行動の一部なのです。


損きりとトレンドに乗るという事を切り離さない事です。


どちらも投資でお金を増やすためには必要な事であり、
どちらかがあれば済む話ではありません。



“損きり”そして“トレンドのパワー”をぜひ身につけて下さい。
FX実践プログラムでは両方のスキルを身につける事ができます。



松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






PR
忍者ブログ [PR]