忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 



“相場は予想するモノではなく対処するモノである”


今ほどこの言葉の大切さが身にしみる相場展開はありません。


金融不安がなくならないという事なのか、
円相場は今週も大きな下落からスタートしています。



日米欧英などによる39兆円ほどの資金投入によって、
一時相場は回復しましたが、その回復した分をそのまま
チャラにして、下落していっています。


39兆円の資金を持ってしても、2~3週間しか
相場はもたなかったという事です。



これだけの金融不安なので不安が解消されれば、大底の
可能性が高いと思って、9月16日以降に買っていった人達が
全員が損失になって相場から退出させられました。



後に残っている人達は誰でしょうか?


金融不安はまだまだ続くと思っている【売り】の方と

回復を祈って、損を抱えながら不安な思いをしている人達です。



今の相場全体を包む不安な思いが強ければ
まだまだ下落していく可能性は十分あります。



自分が明日どうすべきは今日の今のうちに決めておいて下さい。


まだ下落していくようならどうするか?

明日相場がアップに変わってきたらどうするか?



明日になって、状況がひどくなった時に、どうしようか
行動を決めようとしても、人はなかなか行動はできません。



明日のシナリオ、行動は今日決めます。




9月16日以降に16日の値段が大底であると思って、
買っていった人が今もし、まだ買いを持って我慢している
としたら、それは持ちすぎの可能性があります。



なぜなら、買いのシナリオは今のところ一旦
否定されてしまったからです。



大底と思っていた値段が大底でなかったとしたら、
一度相場から出て様子見をしなければいけません。



大底と思って買いで入った相場が大底でなく、
まだまだ下がるという事が分かったときに、その相場の中に
自分の資金を置いておくには明確な根拠がいるんです。


上昇に転じる明確な根拠です。

“好材料がもうすぐ発表されて、相場が回復する”


といった事など。



それを持たない人は相場から出て様子を
見なければいけません。



たとえ痛くとも苦しくとも、相場から出て
こなければいけません。



その奥にはもっと激しい耐えられない痛みが待っている
可能性があるからです。


投資の世界は、自分の資金の限界を簡単に超えてきます。


資金を増やすためにはまず守る術を身につけて下さい。
資金を守る事ができない人は増やす事もできません。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。





PR
忍者ブログ [PR]