忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 


これからの相場が上昇するにせよ、下落していくにせよ
あなたが投資で利益を上げていくためには確実に明確な
答えを持っておかないといけない事があります。



それは、あなたはいつ売って利益を確定させるか?
という出口についてです。


そんなの利益が出た時に考えればいいんじゃないの?
と思っている人は投資で利益を上げる事は絶対にありません。



去年のサブプライム以降この1年の間に壊滅的な
被害を受けてきた投資家の方々に不足していた考えが
まさにそこです。




今年の3月にも大底だ!と思った一般の方々による、
外貨預金やFXの口座開設ラッシュがおきました。



銀行窓口が対応しきれない事態にもなったという事で
ニュースでも取り上げられたほどです。



その時に新しく外貨預金やFXを開始された方々は、
“大底だからこれからどんどん上昇して、そしてどんどん
為替差益と、外貨の高金利を受け取れるというイメージ”
を持っていました。



そのイメージだけを持って行動を起こしたわけです。
そしてそれは、2005年以降のFXブーム以来
ずっと同じ事が続いていました。



“金利ほぼ0の銀行にお金を預けておくよりもマシ”

という事で、主婦の方々による外貨預金や、レバレッジを
低く設定したキャリートレードが流行りました。



日本の主婦の投資なので“キモノトレーダー”なんて
言い方が世界中に認識されるほどまで流行りました。



実際、機関投資家の方々や世界のファンド筋の人たちも
キモノトレーダーのブームを無視できないほどの影響力を
持ったほどです。



でもそれらのブームに乗って投資を始めた人たちに共通する
致命的な間違いは出口の戦略を持っていなかったという事
でした。



誰でも上がっている間は、もっと上がれ!もっと上がれ!
と当然できるだけ遅くまで外貨預金、キャリートレード
で利益を伸ばしたいと思っています。



値段がもし下がっていったとしたらどうすればいいか?
というマイナスのシナリオやそうなった場合の対応方法
はどうすればいいか?



という考えなんて全くありませんでした。
(少しは考えていたとしても、明確さが足りません。)


その結果、いざどんどん下がっていった中でも
どうしていけばいいかが分からないんです。



自分のイメージとは全くかけ離れた事態に、
頭が真っ白になってしまいます。



日々、膨らむ損失に身動きが取れなくなって
痛みから避けるために、損失から目を背けます。



損失金額を見なくなり行動を先延ばしにします。
そしてただ回復を祈る事態になります。



そして相場は無常にも下落を続けて、壊滅的被害が
自分の身に降りかかった時に、目を背けてきた痛みと
向き合わざるを得なくなって損失を確定します。



そして壊滅的損失を受けて、投資の世界から去っていきます。




いくら利益になったら利食いして撤退しようという考えもなく、
相場の上昇トレンドが終わって、下落に変わるタイミングでは
利食いして出てこようといったような明確な取り決めなしに、



ここまで下がったんだから、この先“しばらくは
上がるだろう”といった曖昧でいい加減な考えでは
利益が上がっている間の利食いはできません。


出口のないトレードになります。


それはあなたの望む未来へと通じる出口
ではありません。


ただ地面に叩きつけられるモノです。


投資をする際には必ず出口戦略(利食いと損切り)
を明確に持つ、または相場の動きの中で柔軟にコントロール
ができるマネジメント戦略を持って下さい。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






PR
忍者ブログ [PR]