忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 


「あーやっぱーそうかー!」

「まだ下がるのかー!」

「まだ下がるような気がしたんだよなー!」

「売っときゃよかったー」


「今からでも間に合うかなー・・・」



今の為替相場の状況を見て、下落を利益にしよう
と思っている人、もしくは実際に利益にしてきた
人の頭の中に出てきそうな言葉です。



先週13日に各通貨が一旦底値らしきものをつけてから、
相場が急回復をしたので“利食い”した人達が今考えて
いそうな言葉です。



基本的に“利食い”をしているという事は今回の下落で
利益を上げていた人たちなので、損を膨らませてきた人達
に比べると、ずっといい状態です。



でも最後の言葉は要注意です。


「売っときゃよかったー」

「今からでも間に合うかなー」


という部分ですね。


下落し始めたから、またその値幅を利益に
していきたいという誘惑から来ている言葉です。


その場合の【売り】は損をする可能性がとても
高いです。せっかく上げた利益を目減りさせて
しまいます。



なぜなら、明確な根拠、ルールの下にある
【売り注文】じゃないからです。



もし明確な根拠、ルールに基づいた【売り注文】
であればなんら問題はありません。


ルールに基づいてるので、それは相場に対処して
いる事になるからです。


でももしそうだとしたら、上に挙げた
ような言葉にはなりません。


おそらく下記のような言葉になります。


「買いのサインが出ると思っていたら、売りのサインが
出そうだなー、●のサインを切ってきたら売ろう」


という感じです。

同じ【売り】でも全く意味が違ってきます。



「売っときゃよかったー」

「今からでも間に合うかなー」


という言葉は投資をしている限り
いつも頭の中に思い浮かんできます。



ちょっとでも、自分の頭の中で考えていた
事が現実の相場で起こると、


「やっぱりーそうかー、売っときゃよかった」


と思ってしまうんですね。



思うのは仕方がありません。人間ですから。
でも実際にそこで売ってしまってはいけません。



それは“待つ投資”から“追いかける投資”に
なってしまっているからです。


「今からでも間に合うかな~」


という言葉が出ているという事は、
遅れている可能性があるという事です。


投資の世界はいつもそうですが、


待ってトレンドの発生と共に注文する人は利益

後から追いかけて注文する人は損失


という仕組みになっています。



乗り遅れたら、次のチャンスが来るまで
待ちましょう。


そうすればいつも“待つ人”であって、
追いかける人にはなりません。



相場を追いかけてばかりいると、
たまには成功する事もあります。


まだ十分な値幅を残している時ですね。



でも追いかけてばかりいると、


“自分の売買ルールが壊れていきます”



売買ルールは“最大の武器”であり“資産”です。

目の前のちょっとした利益のために、その資産が
壊れれてしまうとしたら結局それは損失なんです。

利益が安定しなくなるからです。


自分で作り上げた売買ルール、自分の
投資を自分で壊す事はしないで下さい。



ルールを作り上げて利益を積み上げていきたい人は
下記からFX実践プログラムに参加してください。


来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを手に入れてください。



PR
忍者ブログ [PR]