忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 



今朝は、少し窓明けスタートしましたが、
踏みとどまりまた上昇に転じてきている流れです。


ただ、まだ日足でみれば長~い下髭をつけての陰線が
出ていますので、要注意は続きます。



1つの傾向としてですが、相場が転換するポイントでは
下髭が伸びる事はよくあります。



つまりここから相場が転換する可能性のサインが
1つ見えている事になります。


(ただ下髭が伸びれば必ず転換しているというわけでは
ないのでその点は気をつけておいて下さい。)


下髭だけではなくて、
自分のシナリオに対するいくつかのサインを確認して、
一定のリスクを背負えるという事であれば、売買して
いくことが出来ます。



もし、これまでに何度か損切りにあっているという
事であれば、サイズをいつもの1/3にしたり、1/5に
したりするのも1つのマネジメントです。



もしまだまだ相場の混乱は続くという事であれば、
より慎重に高値切り上げの動きを見たり、週足、月足で
トレンドが変わった(陰線から陽線、陽線から陰線など)
というのを確認してからでもいいと思います。



昨日、あくせくしている投資家の方のブログをたまたま
見ていて気づきましたが“ポジポジ病”が出やすくなる
相場展開です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ポジポジ病とは、ポジションを持ちたくて、持ちたくて、
サインがそろっていないのに、相場の動きにつられて自分で
自分のルールを変更してついポジションをとってしまう
病気だそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もともとこんな俗語はないし“病気”もないんですが、
投資家の方が結構使うので、投資用語として成立しそうですね。


でも今まさにここで一番やってはいけないのは、
このポジポジ病ですね。


売買するのがダメなのではなくて、
自分の売買ルールを変更したり、相場の動きにつられて
する売買がダメなんです。


投資で勝つための方法はたくさんあります。
でも負ける理由はいつも同じなんですね。



“損切りができない”

“自分のルールがない”

“トレード回数が多すぎる”

“自分のルールを守らない”

“資金マネジメントができない”

“ポジションサイズが大きすぎる”


大体がこれらの事をしてしまうために、
負けのパターンに入ってしまいます。



じっと待っていても、自分の売買サインが
そろわない事はあります。


そうすると、利益を上げられないのに、
イライラしてついついポジションを持とうと
してしまいます。


でもそれはダメなんです。


自分の売買サインが来ない=利益を上げられない
相場という意味です。


つまりその時“待つ”行為は損失から身を守る
行為になるんです。



投資ではまず自分の身(資金)を守らなければいけません。
守る事がまずはスタートです。



考え方を変えましょう。


自分のチャンスが来ない=利益を上げられない

ではななくて、


自分のチャンスが来ない=資金を守る時間


だと思ってください。


割合は“守り”が8か9に対して、資金を
増やす時間は2か1です。



守りの時間の方が圧倒的に長いです。
それが投資の世界です。


ご自身の投資を作り上げたら、きっちりと守ってください。
トレードは作るのも自分なら、守るのも自分です。


それが投資で勝つ方法です。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。





PR
忍者ブログ [PR]