忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 


投資であれビジネスであれ何であれ、成功したければ
成功者のマネをしろ!という事はよく言われています。



そしてそういう流れからも、


“成功哲学”について書かれた
書籍、CD、DVDもたくさんあります。



恐らく投資で成功しようと日々実践されている中西 智美さんも
1度はそういう本を読んだことがあると思います。



私自身も好きでよく読んだりします。



投資の世界にも、成功者の投資法はたくさん出ていますので、
【成功したければ成功者のマネをしろ!】の原則に立てば
成功するのであれば、その投資法をマネすれば、そのまま
すぐに成功できることになります。


それでも実際は、そう簡単には行きません。



なぜだと思いますか?


そもそも人の真似では成功出来ない
という事でしょうか?



そうでありません。

少なくとも私は成功者の真似をする事は
成功への最短距離だと思っています。




成功者の真似をしているのに、なかなか成功できないのは、
多くの場合、方法とか表面的な部分しか真似ようとしていなくて、
その根底にある発想とか考え方(内面的な部分)までは真似
出来ていないからだと思います。



なぜ、そういう事が言えるのかというと、
それはこれまでに投資で成功していく方々、逆に成功できずに
止めていかれる方々をたくさん見て来た中で、成功者にはやはり
共通点が見られるからです。



そしてその共通点は投資以外の例えばビジネスの世界で
成功している方々にも共通していると思うところがたくさん
あるからです。



例えば、成功者は、その自分が成功しようと思う分野の
セミナーを何回も聞きに行ったり、別の方のセミナーなんかも
聞いたりしますし、その分野の書籍もたくさん読んでいます。



CDやDVDの教材なんかも何回も何回も
繰り返し見たり聞いたりもしています。


いつも同じ内容なのにです。



そして、これは使えるとか、これも使えるといったように
プラスの部分にいつも焦点が当たっているんです。


知っている事が出てきたとしても、やはりこれは大事だ!
という気持ちでよりその事実を色濃く残します。



そして成功しても、その後もずっと学びを
止める事はありません。



でもなかなか成功できない人の口癖、行動は違います。



これは使えない、アレは使えない、これは前に
別のセミナーで聞いた、この方法は自分には合わない、
今回のセミナーで得られるモノは何もなかった、、、


といった感じです。



DVDやCDや書籍なんかも1度聞いたり見ただけで、
二度見る事はほとんどありません。



そして、
“同じ方法をやっているのに利益が上がらない”


もしくは、

“この人の言う方法は自分に合わない”



もしくは、

“自分には成功なんてやっぱりムリな話だったんだ”



と言っていつしか学ぶ事を止めてしまったり、他の方法、
他の成功者の方法を捜し求めるようになります。



それでは残念ながらいつまで経っても成功する
ことはできません。


なぜならそれは方法が悪いのではなくて、
考え方、受け止め方、取り組み方が悪いからです。



投資の世界の話に限って言えば、どんな投資法、
どんな投資理論を使ったとしても、利益が上がる時期も
あれば、損が出る時期もあります。



それを資産曲線が下方向に傾いた時に毎回止めてしまって
いては、その先にある利益の時間を得ることはできませんし、
いつまで経ってもその投資法の本当の使い方を理解する事は
出来ません。


“成功者を真似る”



とても素晴らしいことだと思います。
ただそのときに、考え方、受け止め方、行動の仕方といった
深い部分までしっかりと理解して真似ましょう。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






PR
FX投資の必勝法
 


【FX】損失の理由


もしあなたが、日々の投資で損をしているとしても、
10回トレードをして10回マイナスというわけでは
ないと思います。


“マイナスのトレードもあれば、
     プラスのトレードもある”


すべてのトレードをトータルしたらマイナスになって
しまうというのが、実際のところだと思います。



だから日々、ストレスを抱えてしまうといった感じに
なっていると思います。



“何が原因か分からない?”


“何で利益にならないのか?”


“自分の売買に入るタイミングが間違っているのか?”


“もっと勝率を上げていかないといけないのか?”


色んな事を考えて、中々答えが出ずに苦しんで
いるかもしれません。



もちろんそういう場合、人によっては売買のタイミングが
悪かったりするかもしれませんし、ルールが明確でなくて、
毎回トレードのタイミングが違う事が原因かもしれません。



でも多くの人があまり気付いていない理由の1つは、


利益のトレードが、リスクに見合ったリターンに
なっていない事です。


もしあなたがやっているトレードがデイトレードで
あったとしたら、利益率は小さくてもいいでしょうが、
その分、勝率は高くないと成立しません。



でももしあなたが、数日から数週間のスイングトレード
を主体とした投資スタイルで勝率50%くらいの投資だった
としたら、


利益のトレードは、損失に対していつも多くなければいけません。
そうできなければ、資金は徐々にもたなくなってしまいます。



損失を1としたら、対する利益は2とか3とか
とにかく1以上にしなければいけないという事です。



投資では損失の時ばかりではなく、利益が出ている
時にもストレスに晒されています。


“利食いは、いつするのがベストか?”

“今利食いしなければ、利益が目減りしてしまうんじゃないか?”


というストレスです。


そのストレスに耐えられなくなってしまうと、
損失と利益の率が同じになったり、損失の金額よりも、
利益の金額の方が小さくなってしまったりといった
事態を作ってしまいます。(自分自身で)



もちろん相場の状況、流れにもよりますので、
いつもいつも損失金額よりも大きくはできません。


小さく利食いをしなければいけない時もあります。


それでも自分自身の投資を客観的に見たときに、
勝率が50%だった時に平均して損失1に対して利益が
0.7とか、0.6だったとしたらそのトレードを
続けていても損してしまいます。


自分のトレードをもっと深く理解しましょう。
自分が損をしている理由、利益を上げている理由の答えの
多くは“自分の投資の中”にあります。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。





FX投資の必勝法
 


今の相場状況の中で、まだまだ下落していくと思って
いる(恐怖している)人は必ず認識しておかなければ
いけない事があります。



それは

“ハシゴはいつか外される”


という事実です。



これは投資の世界にある唯一の事実と明確に言っても
問題ないと思うのですが、まだまだ下落し続けると思って
売り続けているとしたら、2007年の夏と同じ結果が起きて
しまう可能性もあるという事です。


誰もが、キャリートレードが安全だ(円を売って外貨を買って
ずっと持ち続ける)、スワップ金利があるから円安方向に上昇し
続けると思っている時に、伝説の冒険投資家ジムロジャースは
逆の事を考えていました。


“キャリートレードが流行っているからこそ、
       円高方向にチャンスがありそうだな?”


というようにです。



そして事実2007年夏に円高神話は崩壊しました。



2007年の夏を境に円安神話が完全に崩壊して、
去年の大暴落、世界的パニックも乗っかって強烈な
円高相場が展開される事になりました。



ずっと円安方向に向かって上昇し続けると
思っていた人にとっては、まさにハシゴを外される
展開になってしまったんです。



でもそれは、ジムロジャースに言わせれば、
“キャリートレードがあったからこそ”そのように
予測を立てることが出来たんです。



今はたくさんのアナリストが口々に言います。


“世界大恐慌はまだまだ始まったばかりだ”

“ニューヨークダウの株価はまだまだ下がる”

“日経平均もそれに合わせてもっともっと下がる”



確かに今の展開を見ている限りその通りかもしれません。
それでもいつか終わりは来ます。



終わりが来れば、また相場は回復して上昇を開始します。
いつも相場はそれを繰り返しています。



そんな中でほとんどの個人投資家が反応するのは
いつも最後です。



世界金融不安だから円高になるから“売り”が儲かる
と思って“外貨売り円買い”を金融不安の最後の最後に
やってしまうんです。


そして上昇を開始しはじめた時に多くの投資家は
損をしてしまうんです。




野川徹さんも、20年の投資経験の中で
たくさんの個人投資家を見て来た中で言われた事は、



“個人投資家はいつも最後に買って最後に売る”


という表現をされていました。
いつもその展開が起きてしまうんです。




だから必ず認識しておいて下さい。


ハシゴはいつか“必ず”外される

という事を。



皮肉にも、個人投資家の大多数がFXは今は売りだ!
と思った時にこそ上昇を開始してしまいやすいです。



そしてそのハシゴが外されるときは、虎視眈々と
狙っている一部の投資家にとっては最大のチャンスに
なっています。


あなたのチャンスはあなただけのチャンスです。
2009年相場ではぜひ自分の力で作ってください。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






FX投資の必勝法
 


投資で利益を上げていくのに知らなければ
いけない事があります。



それは、

“人は●●の中に見たいモノを見る”


という事です。



この●●の中には何が入ると思いますか?



“相場”ですか?


私のメルマガをいつも読んで下さっている方は
そんな風にも思ったかもしれません。


ですが“相場”だけだと正解であって、
実は不正解でもあります。



実は、私もFXの投資レポートを配信する事業を
始めて2年以上経ちますが、最近になってやっと●●の
中に何が入るのかが具体的に分かってきました。


答えを言いますと“何でも”です。


“相場”ももちろんそうですが“ニュース”も入ります。
投資DVDも、レポートも私のメルマガも雑誌も何もかも
入ってしまうんです。



人は自分の見たいモノを見て日々生きています。
もしくは自分が理解出来るもの、知っているものを
見て判断しています。



自分が分からないモノは見えないんです。
もしくは、自分が理解したくないもの、理解できない
ものは見ないんです。



利益が上がらずに苦しんでいる人の理由は
まさに“そこ”にあります。


“あるがまま”モノゴトを見れないんです。


人は自分が見たいようにモノゴトを
理解して判断して行動してしまうんです。



今のような下落相場の中では、自分で勝手につくった
“下がりそう”という恐怖のイメージを描き、2007年の
7月までの暴騰相場の中では“上昇し続ける”だろうと
言うイメージ(下がってもまたすぐに戻すに違いない)
を描きます。



自分が“見ているモノ”と実際の相場が合わなく
なってきていても、気付かずに見過ごしてしまいます。


まだまだ上がると思って相場を見ていても、
実際には相場は崩れ始めていたり、まだまだ下がると
思ってみていても、実際には少しずつ立ち上がり
始めているという状況になるんです。


DVDやCDやマニュアルなんかを見ていて、
大切な事や知らなきゃいけない事が出てきても、
自分が知らないことは実際なかなか入ってきません。



この事実はある程度は受け入れるしかありません。
誰もが無意識のうちにやってしまうことだからです。



自分の考えにないモノ、あるがままの事実を、
あるがまま理解、吸収することは簡単なことでは
ないからです。



だから反復して何度も聞く、見る、学ぶ事が必要になって
きますし、ちゃんと自分なりに理解してきっちりと自分の
モノにしていかなければいけないんです。


そこまでのレベルに達するまで理解しなければ
活用できません。
(活用しても失敗してしまう可能性が高いです。)


自分なりに理解して、自分の投資、自分だけの
トレードを作っていきましょう。


松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)




来週の行動を詳しく知りたい方は週末のFXウィークリーレポートを入手してください。





サイクルトレード法はココから手に入れることができます。






忍者ブログ [PR]