忍者ブログ
戦わわずに投資に勝つ方法
[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142]
FX情報メルマガ
プレゼント
スポンサードリンク

バーコード
ブログ内検索
My ページに登録
あなたの Myページ にパンプキンが新着記事をお届けします。下の登録ボタンを押してください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
Ping 送信ツール
オススメ Amazon
FX投資の必勝法
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FX投資の必勝法
 



松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)


昨日は、映画「六ヶ所村ラブソディー」の話と、
環境ファンドのことのメールをしましたが、
とてもたくさんの反響を頂きました。


地球環境の状況に対して、高い危機感を感じている人、
何かできることはないかと模索している人はやっぱり
多いんだなーと実感できて嬉しくなりました。


私は中西 智美さんと同じように1人の投資家です。


研究者でも技術者でもビジネスマンでも
ありません。


だからやっぱり自分の得意な投資というフィールドを
生かして、自分にできる事をやっていくのが一番良いと
思っているので、環境ファンドを立ち上げようと考えました。



ぜひ立ち上げた時には、ご協力をお願いします。

利益の一部を環境事業に当てるファンドですので、
当然出資してくださる方には、プラスアルファの利益を
出資して頂いた金額に乗せてお返しします。



松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)


さて、まだできていないので、ファンドの話はそのくらい
にしておいて相場の状況も、最近はきれいに動いています。


“きれいに”と書きました。
これまで下落に対して、ポジティブな言葉は
あえて避けてつかっていました。


それはこれまでは、今の円相場で“買い”の
ポジションを持っている人が多かったので、

下落=つらい事


という思いを持った人が多いからです。


でも本来FX投資に、下落が悪いとも上昇がいいといった
事もないので、今の状況を見て思うことを素直に書くと
すれば、とても順調にトレンドが出た強く綺麗な
トレンドが出てきていると見ています。


これは今の相場の動きを見たときの率直な判断です。




今、円相場で円を売って外貨を買う材料は素直に見れば
ほとんどありません。




そしてもし自分が、高い値位置の米ドル
(例えば、115円といった価格)を含み損を抱えたまま
持っているとしたら、そのままにしておくことはしません。




私のメルマガを毎日読んで下さっている方は32000人ほど
いるので、その方の中にも、買いポジションを、含み損を抱えて
ながら持っている人はいると思いますが、今の相場はそういう
状況だという事を受け止めて下さい。



上昇に転じる可能性はもちろん0ではありませんが、
下落のトレンドが出てしまっている以上、その中には
いない方がいいです。



なぜならトレンドの性質の一つに“続く”というもの
があるからです。


下落にトレンドが出ているとしたら、トレンドの性質上、
その動きは続くのです。


実際、去年の8月からずっと続いています。
終わったか?

まだ終わっていません。

いつ終わるのでしょう?


それはまた別の材料を見なければいけません。


ただトレンドの性質の原則として“続く”というもの
がある以上、続いている間は、逆の向きに、ポジション
を持ってはいけないのです。



株式投資をしていた人、もしくはしている人にとっては、
安いところを買っていくという認識がありますが、



それは株は買うものであって、売るものでないという
性質があるからです。



株にも“空売り”という方法はもちろんありますが、
為替の“売り”とは意味が違います。



為替の場合、売りは反対の立場の人達から
したら“買い”になっているのです。



つまり日本人としてドル/円を“売る”場合、不思議な
感覚に陥る人もいるかもしれませんが、



米国の立場に立つと、ドルを売って円を買っているので、
“買い”になるんです。



そして為替は世界共通の市場のため、
実際にニュージーランドの人からしたら、自国の
通貨を売って、日本円を買っている“買い”に過ぎません。



株の“空売り”とは意味が全然違うのです。
株の場合“売り”は売りで“買い”にあたる人
はいないのです。



為替の場合、極端な話8年上昇してきた円相場はこれから
8年下落する事もありえるという事です。



今1ドル100円少しの米ドルが80円とか70円とかに
なる可能性だって十分あるんです。



相場は過去、人がありえないという事を目の前で
やってきています。



昨年の5月とか6月時点で、今の相場状況を想像できた
人がどれくらいいるでしょうか?



たぶん日本中でもそれほど多くはいないと思います。



つまりいつでも、相場の状況ではありえないと思う事が
起こりえるという事です。



大事な事は1ドルが80円とか70円になっても、
自分の資金は増えていくという投資を身につけておく
事です。



1ドル80円になってしまったら、自分の資金は0に
なるけど、1ドルが120円に増えれば、自分の資金は
5倍になっていますという投資ではダメだという事です。



松下誠の投資は、1ドル70円になっても、今よりも
増えていますし、1ドルが130円になってもやっぱり
増やしています。


5倍とか6倍にはなっていないまでも確実に増えて
いるんです。



そういう投資をできる人が、ずっと相場に残って、
利益を上げている人の投資です。



どういう投資をすればいいのか、その選択はいつも
自分のコントロール下にあります。

松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)



松下誠


PS
含み損を抱えたまま、つらい思いをして、どうすれば
いいか分からない人は下記からモルツ博士の無料
レポートを手にして読んでみて下さい。
3回は最低でも読んだ方がいいと思います。

松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)

PR
忍者ブログ [PR]